バッダン タ ニャーヌッタラ長老の経歴

1954年8月 ミャンマー、タウントインジー町シャンカイ村に生まれる。
11歳で見習出家となり、サイェット町アウンミンガラー僧院にてウ・ケサラ長老に師事する。

1974年 ウ・ケサラ長老を親教師として比丘出家

1974~1982年 マンダレー、アマラプラのマハーガンダ僧院にてウ・ジャナカ長老に師事する。

1976年 ミャンマー政府宗教省からダンマーチャリヤ授与。

1984年 国立タッカシラー仏教大学卒業。講師職就任。

1988年 アウンミンガラー僧院副僧院長に就任。

1989年 大学からマハーダンマーチャリヤ(M.A Buddhism)授与。教授職就任。同時に1991年まで高等比丘試験官に任ぜられる。(研究論文「ブッダの9徳の第1”アラハン”について」

1990年~ レーサー僧院、アウンミンガラー僧院、ラインマハーシ瞑想センター等において瞑想指導、説法を行う。

1996年~ ラインマハーシ瞑想センターから僧院長の打診があるも、日本上座仏教修道会の招聘に応えて、国立仏教大学よりテーラワーダ仏教伝道のために派遣され来日。
以後現在まで、東京にて定例勉強会、仏教研究会、在日ミャンマー人のための説法会と瞑想会、淨心庵精舎において在家修道者・尼僧・比丘見習・比丘の指導を通じて、主に日本人のために説法、教学指導及び瞑想指導を行っている。

2002年 ミャンマー、ヤンゴン、マハーアウンミィエー僧院副僧院長に就任。

2005年 ミャンマー国より海外仏教活動の智慧者として
“マハーサッダンマジョーテイカダジャ”
(お釈迦様の正法が世界に輝くために貢献した偉大なる人)勲章叙勲。

2013年 ミャンマー国より海外仏教活動に貢献した長老に贈られる最高の勲章である
“アッガマハーサッダンマジョーティカダジャ”
(正法の光を世界に輝かせる最上の偉大な智慧者)勲章叙勲。



ミャンマー語の著書
「意志と精進」 「何でも忍耐」 「心と智慧」など。
日本語の著書  
「三帰依と共にあるテーラワーダ仏教の戒律」
「テーラワーダ仏教が伝える慈経(メッタ スッタ)」
「災害を乗り越える方法」CD


TOPへ