瞑想者による体験談

体験者による宿泊瞑想のご紹介-1

山本 正美 様

 私は平成17年12月29日~平成18年1月8日の間の10泊11日及び平成18年4月29日~5月6日の間の7泊8日、浄心庵で行われたヴィッパサナー瞑想会に参加いたしました。

 ニャーヌッタラ長老の熱心な御指導のおかげで、ブッダの教え(仏教)とヴィッパサナー瞑想の基本的なことについてなんとか理解できたのではないかという気がしております。

 浄心庵で行われているヴィッパサナー瞑想会は非常にすばらしいものなのでその特徴を紹介させていただきます。

1 ヴィッパサナー瞑想のメッカであるミャンマー上座仏教のセヤドー(長老)から「日本語」で指導を受けられます。
 HPの指導比丘のご紹介にもありますが、ニャーヌッタラ・セヤドーは1996年に来日され、まず日本語学校に入学され、日本語の習得に努められました。日本語の仏教用語にも精通されており、パーリ聖典の内容を適切な日本語で表現していただけます。例えば、「ヴィッパサナー瞑想は五蘊(色・受・想・行・識)は無常であるゆえ、苦であり無我であると観る。」といったふうに説明していただけます。

2 瞑想者一人に約1時間のインタビューの時間がとられています。
 セヤドーには仏陀が行ったとされる「対機説法」と同様に、瞑想者の能力や資質に応じて分かりやすく仏教、ヴィッパサナー瞑想を指導していただけます。スケジュール表ではインタビューは、14:00~ となっていますが、瞑想者が多いときには午前中から行われました。
 非常に充実した時間となりますが、真にこの時間を生かすためには、瞑想者の側が疑問点を持って臨むことが必要となります。

3 瞑想の時間は瞑想者の自律にゆだねられています。
 浄心庵時間割で定められているのは 4:30 起床、5:00~ 自由瞑想、6:00~ 朝食、7:30~ 礼拝、11:00~ 昼食、14:00~ インタビュー、16:00~ シャワー、18:00~ 自由瞑想、21:30 就寝 ぐらいです。時間の管理は基本的に瞑想者に委ねられています。
 瞑想者の中には深夜まで瞑想したいと考える人もいらっしゃるかと思いますが、セヤドーは苦行的な方法は望んでおらず、眠る時間は眠った方が良いとのお考えです。
  なお、瞑想会に初めて参加する方は、できれば10日間ぐらい日程を取るのが望ましいようです。

4 瞑想者には個室が与えられます。
  カーテンで間仕切りをした部屋もありますが、瞑想者には個室が与えられ、望むならそこで瞑想することもできます。
 日本の瞑想会や座禅会では大人数が一つの部屋で寝る場合が多いと思いますが、浄心庵では瞑想者が、他から煩わされないで自分を観ることに専念できるようにというセヤドーの考えに沿って個室が用意されています。
  当然多くの人が瞑想会に参加することはできませんが、熱意ある少数の瞑想者を徹底して指導したいというのがセヤドーの方針です。
  なお、平成18年5月にメンタルフレンドハウスがオープンしたため、今までよりも多くの瞑想者を受け入れることができるようになったようです。

5 浄心庵の周辺は小規模の閑静な別荘地です。
  浄心庵は鹿島臨海鉄道の鹿島灘駅から2~3キロの防風林に囲まれた一団の畑地を開発したと思われる別荘地の一角に建っています。近隣には浄心庵に関係する家屋のほか、7~8軒の別荘があるだけです。周辺地区は同様の畑地が多く、瞑想を妨げるものはほとんどありません。

  以上、私は、浄心庵はヴィッパサナー瞑想修行を行う日本で最良の場所であると信じています。

 ブッダの教え(仏教)は「生き方」を示すものであり、ヴィッパサナー瞑想は生きるための力を得るものです。
  私は浄心庵で学んだヴィッパサナー瞑想を実践することにより「気付き」の力を強め、貪り、怒り、無明、高慢といった煩悩や渇愛から離れて、心穏やかな生活を送れるよう精進してまいりたいと思っています。
  多くの皆様と「道友」となれることを願い拙文を終わりとします。

 全ての生きとし生ける者は健やかであり、危険がなく、心安らかに幸せでありますように。

TOPへ

 

体験者による宿泊瞑想のご紹介-2

K.T. 様

  私が上座仏教修道会の門を叩いた時は、自分がこの世に存在していること自体がつらくて、まさにどん底の状態でした。あちこちの坐禅会に参加しては、とってつけたような法話に違和感を感じ、仏教書を乱読しては書物に書いてある言葉から解決策をみつけだそうともがいていました。

 当時読んだ仏教書は150冊を超えますが、琴線に触れた言葉をノートに書き写してみても、読んだ量と忘却の量が等しく、自分の糧となることはありませんでした。

 そのような状態の中、すがるような思いでニャーヌッタラ長老の最初のご指導を受けました。それから約2年半が過ぎました。

 初学者の私の体験が、これから瞑想をはじめる方、瞑想が停滞している方のご参考になればと思い、以下時系列に記します。

① 瞑想開始~半年経過
  今思い返すと軽度のうつ状態にあったのではないかと思います。何もする気がおきず、精神状態が不安定で、それまでの趣味にもまったく興味がもてず、ただ瞑想に逃避しようとしていました。瞑想をしている時間だけはこころが落ち着きましたので、休日も一時間おきに瞑想をしていました。何の変化も感じられませんでしたが、ただ苦しみから逃れるために瞑想をしていました。

②半年~一年経過
  毎月一回浄心庵に通い、朝の礼拝行に参加して三帰依と共にある戒の受持・慈悲の瞑想など、そしてニャーヌッタラ長老の丁寧なご指導を受けながら、三十分の瞑想、続いて自由瞑想を行っていました。

 日によっては瞑想中になんともいえない気持ちの良さを感じることもありました。集中するつぼがうまくはまってアルファ波がでたためですが、「こころ」には何の変化も感じられません。

 「預流果の智慧を得たいのになぜ変われないのか」と毎回ニャーヌッタラ長老にお聞きしていました。今思えばなんと浅学なことだったか。ニャーヌッタラ長老からは「必ず変化は表われます」とのお言葉をいただいていましたが、ニャーヌッタラ長老のお言葉を理解できるレベルに達していなかった私は憮然とした面持ちでそのお言葉をお聞きしていました。

③ 一年~二年経過
  何としても預流果の智慧を得たい」という欲から瞑想をしていた時期です。自我の欲が原動力となっていたとはいえ、少しずつ変化は現れてきました。私の場合、物欲がめっきり減りました。趣味のものに対しても、「今の自分には必要ないから要らない」と冷静に判断するようになりました。

 しかし自分でわかる変化はそれくらいで、相変わらず自分のまわりでおこる出来事に振り回され、そのたびに自分の感情に振れが生じ、感情をコントロールする、まして事象と情動を別次元でとらえるなど、夢のまた夢でした。

 自分はこのまま何も変わらず現世を終えるのか、と悲観的にもなりました。しかし、決して瞑想をやめようとは思いませんでした。

 三宝(ブッダ・ダンマ・サンガ)を信じる(ニャーヌッタラ長老のお言葉と竹田先生のアドバイスに従う)ことに疑念はもたなかったからです。「変化の度合いは人それぞれのカルマによる」とのお言葉を信じていました。何よりこの頃は瞑想に対する気負いがとれ、時間があるから瞑想しよう、という感覚に変わっていました。

④ 二年経過~現在
  瞑想が自分の中で、無意識にする日常の作業になってきました。歯のケアのために歯を磨き、体のケアのために入浴するのと同じ感覚で、心のケアのために毎朝瞑想をしています。

 特にこの二、三ヶ月、自分でもはっとする変化を感じます。外を何気なく歩いている時、「あ、今歩いているのは「私」ではないんだ」と思う瞬間が何度かありました。ニャーヌッタラ長老にお聞きすると、大乗仏教でいう「小悟」だそうです。これを繰り返すうちに、必ず預流果の智慧が得られる、とご教示いただきました。

 また、自分の周りでおこる出来事が大なり小なり、あとから思えばそれがベストだ、といえるタイミングでおこる、そんな体験をする回数が増えてきました。竹田先生にお聞きすると、三宝の教えと自分のエネルギーが感応したからだ、とのお言葉をいただきました。

 今でも、瞑想に集中できるときもあれば、こころが乱れて集中できないときもあります。ただ、集中できない時でもそのことを気にかけることはなくなりました。瞑想が終われば次の「今」に移り、「過去」の瞑想にこだわらなくなったからです。

 小学校入学以来、キリスト教的二元論の考え方にどっぷり慣らされてきた私のような凡夫にとって、カルマ・輪廻など、深遠な仏教思想を知識だけで理解することは至難です。「我思う、ゆえに我あり」の「我」はどこにもいないのだ、とは二元論の前提条件を否定することであり、それを知識としてではなく、全人的に理解するにはヴィパッサナー瞑想で現体験するしかないと思います。

 ヴィパッサナー瞑想は生涯続ける価値のある生活習慣の一つです。月単位でみても変化はわかりませんが、年単位でみれば「こころ」が浄化されていることに、あらためて気がつきます。

 「生きとし生けるものが幸せでありますように」と今生最後の瞑想を終えた瞬間、静かに来世へ向かえるように、少しでも善のカルマを積んでいきたいと思っています。                                               

    合掌

TOPへ

 

体験者による宿泊瞑想のご紹介-3

K.O.

エーヒ パッシコー(自分で実証できる教え)

 2007年の冬、年末年始10日間宿泊瞑想会に初めて参加させて頂いてから、これまで5回の宿泊瞑想会に参加させて頂きました。テーラワーダ仏教に出会い、ヴィパッサナー瞑想を始めて約2年が経過し、自分の心も安定性が増しました。以前は、今後の人生を考えて、先の見えない漠然とした不安に悩まされることもありましたが、そうしたことも今ではなくなりました。

ヴィパッサナー瞑想修行を始めるきっかけは、それまで、確信していた西洋的価値観が自分の中で崩壊し、「真実とはなんだろう」との疑問が生じたことでした。
私は、今から約10年前、それまで長く憧れていたアメリカで仕事をする機会に恵まれました。渡米当初は、文化、言語、生活、思想など全てが新鮮であり、大変刺激的な生活を送ることができ、満足しておりました。

そんな中、9.11事件が起き、アメリカの政治的な方向性は大きく転換し、また自分自身もビジネス上の大規模な取引に携わり、綺麗ごとではない米国流経済ルールを目の当たりにすることとなりました。それまで長く西洋的価値観に親しみ、資本主義を信じてきた自分は、徐々に、現在の世界経済システムに疑問を持つようになり、歴史的な視点から、国際政治経済を研究しました。

そこから発見した個々の事実については割愛しますが、自分にとって最も大事な発見は、「現在の資本主義社会では、ありとあらゆる場面において、人間を欲と怒りに陥れる罠が仕掛けられている」ということです。別の言い方をしますと、今の社会では、普通に生きていても、欲と怒りを持たざるを得ないように意図的に仕組まれており、この意図的構造の中で、我々は資本主義社会に貢献するように仕向けられています。

現代資本主義社会における経済繁栄とは競争社会によって支えられているのが現実であり、競争社会における成功者の大半は、欲と怒りに支配された無知な人間です。欲と怒りに支配された無知な人間が、どんなに経済的に成功しようとも、精神的に充実して深い幸福を味わっていることはあり得ません。
このことは、冷静に考えれば誰にでも理解できるシンプルな事実ですが、我々は、学校教育とテレビ・新聞によって洗脳されているので、このシンプルな事実を理解することすら容易ではありません。 
自分もその例外ではなく、お釈迦さまの教えに出会うまでは、真理を知らずに、欲と怒りの奴隷でありながら、「幸せって何?」と自問して生きてきました。「猛毒」を口に含んでいながら、「健康になるには?」と悶絶していたようなものです。

現在は、お釈迦さまの教えに支えられ、欲と怒りこそが不幸の原因であることを痛切に感じており、この悪因を制御することにより、苦しみから離れられることが理解できるようになりました。
ヴィパッサナー瞑想で、自らの体の中で起こっている現象を集中して観察していくと、様々な悪因となる感情の生起を早期発見することができ、不幸の泥沼に陥らずに済みます。

宿泊瞑想会でニャーヌッタラ長老にご指導いただく度に、新たなステップを上っている実感があります。 前回の合宿では、「素早く同時に複数で動く心の作用を、ただそのまま認知する」ことを体験することができました。この体験により、今まで、曖昧に「怒り」と認識していた状態が、たとえば「音」→「うるさいという判断」→「怒り」というように細分化されたプロセスとして認知されるようになりました。 
心の流れが細かいプロセスとして認知されるようになったため、各々のプロセスが次のプロセスに回転するパワーを弱めることができ、また、「原因」と「結果」についても明確に認識できることが多くなりました。
このような体験から感じますのは、「お釈迦さまの発見された真理は、実証できる」という素晴らしい事実です。既に理解されている求道者には当たり前なのでしょうが、「ダンマの六徳」で説かれている内容が「事実」であるということは、大変驚きであり、大きな励みとなっています。

欲と怒りの奴隷から解放され、大空を自由に飛び回る鳥になりたい、という想いで、これからも日々修行を続けて参りたいと思います。今生が終わる迄に、欲と怒りの奴隷から解放される喜びを味わうのを夢見ております。まだまだ発展途上の身でありますが、ニャーヌッタラ長老のご指導をこれからもお願いできれば幸甚と存じております。

また、いつも大変素晴らしい瞑想修行の環境をご提供下さる竹田先生、吉田正学女、佐竹様をはじめとし会の皆様に深く感謝を申し上げます。

 

体験者による宿泊瞑想のご紹介-4

影山幸雄 2010/05/10  

清浄道はサンガとともに

鹿島灘からほど近い森林の中にたたずむ浄心庵は、都会の雑踏の中では決して得ることができない絶好の瞑想環境を用意していつも修行者を暖かく包んでくれます。
そのような中、2009年末から2010年初頭にかけて行われたリトリートは生涯忘れることができない素晴らしいものとなりました。

 振りかえると、初めてテーラワーダ仏教に触れた2004年当時、外見的には順風満帆を装いながら、世俗的な欲に溺れて生活は乱れ、仕事も家庭も崩壊寸前でした。藁をもすがる思いで手に取った大乗仏教の入門書をきっかけに、何かに導かれるようにして清浄道を懸命に歩き続けることになりました。

 ニャーヌッタラ・セヤドウに初めて出会ったのは2006年の冬の宿泊瞑想会です。長期のリトリートは初めてでしたが、母親のように暖かく迎えてくださった竹田先生の笑顔に、一気に緊張が緩みました。
本物のテーラワーダ比丘に身近で瞑想指導を受けるのは初めてで、どのように対応していいか勝手がわからず、随分と失礼な振る舞いをしてしまったのではないかと思います。

 しかしセヤドウは全く気にする素振りを見せずに、ヴィパッサナー瞑想の基礎と心構えを実に丁寧に、手取り足とり教えてくださいました。「お国に帰ればとても偉い立場にあるだろうに、見ず知らずの私にここまでしてくださるとは」と感激ひとしおでした。
また、吸い込まれそうなセヤドウの透き通った眼がとても印象的でした。しかし自分は未熟でセヤドウの教えを生かせる状況にはまだ無いと感じ、その後はしばらくセヤドウの元を離れて波羅蜜を積むことに専念しました。そして今回また導かれるようにして浄心庵を訪れることになったのです。

 何年も経っているのに、セヤドウも竹田先生もまるで昨日まで一緒にいたかのように、親しみをこめて迎えてくださり、私も帰るべき所にまた戻って来たかのような不思議な気持になりました。体調も絶好調でこれ以上望むべくもない好スタートを切ることができました。

 3年前とは異なり、セヤドウの指導の一つ一つが身にしみて実感として理解できる、そんな感じがしました。真冬の静寂の中、サティを切らさないように気をつけながら、黙々と修行を続けました。そのような中、リトリートも終盤にかかった時の面接でセヤドウが力を込めておっしゃいました。

 「ヴィパッサナー瞑想はブッダが作られた大きな修行体系の中でこそ真価を発揮するものです。瞑想だけ取り出しても決して成果を得ることはできません。仏教を支えるブッダ・ダンマ・サンガに心から敬意を表し、礼拝・帰依し、身も心も預けるつもりで取り組んでください。戒律をよく守り、真理を伝え守ってきたサンガの力を借りて、お釈迦様の説かれた八正道を歩んでください。」

 セヤドウのこの言葉に胸打たれ、湧き上がる精進のエネルギーに包まれて、一歩、また一歩と細心の注意を払いながら瞑想堂へ向いました。照明を落とした瞑想堂の中、心も身体も澄み切った最高の状態で延々と歩行瞑想を続けました。次第に鮮明になっていくナーマ・ルーパの生滅、生命存在の真実の姿を目の当たりにするうちに、自分も、周囲の瞑想者も、そして全ての生命が哀れで切なくてどうしようもない存在に思えて来ました。欲が生存を生み、生存がまた欲を生む、まさに罠に捉われて身動きできない、そんな生命の姿はあまりにも悲しく、絶望的です。

 そのような中、ライトアップされた仏像にふと目を移すと、そこに白い光に包まれた出口、小さいけれどもしっかりとした脱出の糸口が現れて、救いの光を投げかけているように思われました。その瞬間、全身が歓喜で身震いし、三宝への感謝の念から涙があふれ出てきました。自らの身を投げ打って輪廻を打ち破る方法を探り当て、誰にでも実践出来る形で説き明かし、そして後世に残してくださったブッダのご努力と叡智、憐れみの心にただただ尊く頭が下がるばかりです。

 またブッダの教えを頑なに守り、2500年を超える時を経て真理をここに届けてくださったサンガ、気がつくと頬をつたう涙をぬぐうのも忘れ、深々と礼拝していました。「ナモー・ブッダッサ、ブッダに心から礼拝・感謝します。ナモー・ダンマッサ、ダンマに心から礼拝・感謝します。ナモー・サンガッサ、サンガに心の底から礼拝・感謝します。」
生まれて初めて、本当の礼拝・帰依ができたそんな気持ちになりました。「サンガに感謝します、セヤドウに感謝します、セヤドウをお招きくださった竹田先生に感謝します・・・」。
翌日朝、短い面接でこの様子をセヤドウに報告し、快晴の中、リトリートに終わりを告げました。

 最後に瞑想堂にとても良い雰囲気を作ってくださったニャーナローカ比丘、また瞑想修行を下支えしてくださった吉田正学女、佐竹様、小山田様、そしてボランティアの方々に深く感謝いたします。皆さまに三宝のご加護がありますように。皆さまが末永く幸福でありますように。全ての生命が苦しみの輪廻から逃れて幸せになれますように。合掌。

TOPへ